歩・探・見・感

歩・探・見・感

ノスタルジック、レトロ、ディープそしてマイナーな世界へようこそ

ナンバーくん住所プレート 

上部に3桁の郵便番号とキャラクターの「ナンバーくん」、中央に町名、下部に広告がある縦長の錆びついた住所プレートを見たことがあるだろうか?(錆びついていないキレイな「ナンバーくん住所プレート」は見たことはない)
 
「ナンバーくん」とは?
顔郵便マーク(かおゆうびんマーク、〠)はかつて郵政省が郵便事業で使用していた記号。正式名称は不明である。
〠に手足が書かれたマスコットは「ナンバーくん」と呼ばれており、1968年に導入された郵便番号をPRするために採用されたキャラクターで、郵政省自身による公式な愛称であるが、手足のない通常の顔郵便マークは「ナンバーくん」とは別の扱いである。
1998年2 月2日に郵便番号7桁化にともなって新しいキャラクター「ポストン」が登場し、「ポストン」の普及に伴い、引退したようだ。
※「ナンバー君」と書かれていることも多いが、正式には「ナンバーくん」が正しいようである。

ナンバーくんの顔はコンピューターで使われる文字コードユニコード)として登録されている。コード番号は「3020」、「〠」で「POSTAL MARK FACE」とされている。
全角で「3020」と打って、F5キーを押すか、「郵便」と打って変換すると表示される。
 
関東陸運振興センターのマスコットキャラクターにも同じ名前があるが、引退しているから問題ないのだろうか?

今のところ、東京都内の一部の区でしか見つけることができていないが、紹介していこう。