歩・探・見・感

歩・探・見・感

ノスタルジック、レトロ、ディープそしてマイナーな世界へようこそ

電力プレート ヨツヤ3-6

旧町名のものではないが、電力プレートも絶滅危惧種のひとつだ。
増えることはない、減る一方である。
最近も「カコイ-3」が消滅したばかりである。
まだ言っているのか?
そう、しばらくは言い続けるかもしれない。
犯人が永世屋さんに譲ってくれるまでは・・・。

 

発見日  2022年5月26日

発見場所 東京都新宿区四谷3丁目

何の変哲もない電力プレートだが、存在していることに意義がある。

おそらく四谷ではこれが最後のものではないだろうか。

よく思うことだが、電気契約をしていない家なんてほとんどなかったはずなのに、現存している数が少なすぎる。

 

電力プレートの歴史を調べてみたいと思っている。

「みちくさ学会」さんの「あなたの知らないデンリョクの世界」にも書かれていない。

どうやって調べよう。

設置した東京電力に聞いてみるのが一番かな。


可能ならば、消滅した電力プレートを復活させたいと考えている。

もちろん予算次第だが・・・。

1枚当たりどのくらいの単価で製作されたのだろうか?

製造したメーカーはまだ残っているのだろうか?

金型を使用して製作されたのだろうか?

金型が残っていれば、復活できるかもしれないが、数十年前のものなんか残っていないかなあ。

電力プレートにかこまれたい。

どんどん妄想は膨らむ。

 

四谷大通り商店街の定礎

こういうものも気が付くと、写真を撮っている。