歩・探・見・感

歩・探・見・感

ノスタルジック、レトロ、ディープそしてマイナーな世界へようこそ

旧町名「草加市青柳町字笹塚」

旧町名の痕跡を探しに、草加市の北端付近、越谷市境界辺りにやってきた。

発見場所 埼玉県草加市青柳八丁目

①発見日  2024年5月14日



②発見日 2024年5月16日



草加市民農園 笹塚農園



青柳ささづか公園



綾瀬川に架かる笹塚小橋


葛西用水に笹塚の名が付く橋があったが、ここは越谷市だった。

笹塚橋



地図を見ると越谷市草加市の境界は古綾瀬川の上になっている。

笹塚小橋と笹塚橋の間にマンホール蓋があるのだが、それは草加市の市章になっていた。

はて?

橋りょう定期点検を草加市で行った形跡がある。

しかし、古綾瀬川は県が管理する一級河川だが、協議により草加市越谷市が共同管理することになった、と書かれているものもある。

所在地は越谷市のようだ。

調べているうちに、どちらが管理しているか気になってきたが、本題とは関係ないので、このくらいにしておこう。

近くに橋脚の遺構らしきものがあったので、これも紹介しておこう。


この橋がある辺りは越谷市草加市の中に入りこんでいる場所だ。

もしかしたら、越谷市にも笹塚の字があったのかもしれないと調べていたところ、昭和43年1月29日の自治省告示第10号に市の境界変更というのがあった。

地方自治法(昭和22年法律第67号)第7条第1項の規定により、埼玉県越谷市草加市との境界を次のとおり変更する旨、埼玉県知事から届出があった。

右の境界変更は、昭和43年4月1日からその効力を生ずるものとする。

草加市編入する区域

越谷市大字千疋字九升田280の2、281の2、282の2、283の2、284、285、286の2、287の2、291の2、292の2、293の2、294の2、大字千疋字庄権363の2、364の2、390、391、大字麦塚字東1433の2、1434の1、1435の2、1436の4、大字麦塚字新田前耕地210、211の1、211の2、212、213、214の1、214の3、214の4、215の1、215の3、216の1、216の3、217、218、219の1、219の2、219の4、220の1、220の2、221の1、221の2、222の1、222の4、223、224、225の2、228の2、229の1、232の2、233から238まで、239の1、240の1、241の2、293の2、295の2、296から298まで、299の1、300の2、304の1、305の1、306の1、311の1、312の1、313の1、314の2、323の2、325の2、大字麦塚字蔵屋敷耕地514の2、515の2、516の2、517の1、大字麦塚字山城耕地205の1、206の2、207から209まで、大字麦塚字笹塚521の1、523の1及び524の1から524の4まで並びにこれらの区域内に介在する道路敷及び水路敷

越谷市編入する区域

草加市柿ノ木町字宝3284の5、3288の1、3337の1、3338の1、3339の1、3340、3341の1、3342、3343、3344の1、3345、3346、3347の1、3348の1、3349の1、3350の1、3351から3361まで、3382の1、3383の1、3384の1、3385の1、3412の1、3413の1、3414の1、3416の1、3417の1、3447の1、3448の1、3448の2、柿ノ木町字来1031の2、1032から1034まで、1035の1から1035の4まで、1036の2、1039の1から1039の4まで、1040の1、1041の1から1041の4まで、1042の1、1042の2、1043の1、1043の2、1044の1から1044の5まで、1045、1046の1、1046の5、1047の9から1047の11まで、1048の1から1048の4まで、1049の2、1053の1、1054の2、1054の3、1055の1、1055の2、柳町字笹塚1465の3、1477の2、1482の2、1483の2、1509の1、1510の1、1511の1、1518の1、1519の2、1524の1、1525の1、1526の2、1527から1546まで、1547の1、1548、1549、1550の1、1551の2、1552の2、1569の2、青柳町字堤外4387、4387の2、4388、4389の2、4393の2、4394の2及び4395の2並びにこれらの区域内に介在する道路敷及び水路敷

ここに越谷市大字麦塚字笹塚が草加市に、草加市柳町字笹塚が越谷市にそれぞれ編入すると書かれていた。

元をたどってみると、

1889年(明治22年)4月1日
町村制施行に伴い、柿ノ木村・南青柳村・伊原村・麦塚村が合併し、南埼玉郡川柳村が成立する。

村名の由来は、合併した4村の名の中から、柿ノ木(かきのき)、伊原(いはら)、南青柳(みなみあおやぎ)、麦塚(むぎづか)と平仮名を一字ずつ採り、つなぎ合わせたもの。

1950年(昭和25年)
南埼玉郡大相模村東方の一部を編入し、上谷(うわや)とする。

1955年(昭和30年)8月1日
北足立郡草加町に編入される。

1955年(昭和30年)11月3日
旧川柳村のうち伊原・上谷・麦塚が草加町から分離し、南埼玉郡越谷町に編入される。

ということなので、元は一緒だったのが、草加市越谷市に分かれたということになるのだろう。

越谷市にあるかもしれない小字"笹塚"も探してみたくなった。

さて見つかるだろうか?

2024年5月16日チャレンジするが発見できず。