歩・探・見・感

歩・探・見・感

ノスタルジック、レトロ、ディープそしてマイナーな世界へようこそ

旧春日部市役所に残されているもの

令和3年8月より建設を進めていた新庁舎が、令和5年9月に竣工し、令和6年1月4日に開庁した。



春日部市役所新庁舎


「大空」のモニュメントは新市役所に移設されていた。


2024年1月23日、2月12日、旧庁舎に何か残っているものはあるのかと訪れた。


志木市役所は2020年に新しく建て替えられているが、志木市役所旧庁舎と春日部市役所旧庁舎の外観は建築家、高橋武士氏が率いる株式会社建築モード研究所が手掛けたもので「兄弟では」と思わせるほど良く似ていた。
両庁舎は共に地下1階、地上5階建て。正面がガラス張りで建物が緩くカーブし、庁舎中央に入り口があるモダンな造りだ。竣工は春日部市が1970(昭和45)年12月、志木市はおよそ1年半後の1972(昭和47)年5月。志木市の方が「弟」となる。

2019年12月14日撮っていた今は無き旧志木市役所



同研究所は、すでに解体された東京都渋谷区役所の旧庁舎も手掛けていた。この庁舎もガラスを多く使い、緩やかにカーブした建物だった。
これらの庁舎は「三兄弟」ともいわれるような非常に似た外観で、曲線が生み出すモダンさなど建築業界でも注目を集めていた。

旧庁舎は、1970年1月19日から12月21日に建設工事が行われ、1971年1月8日に落成式が行われた。地下1階、地上5階、塔屋3階、建築面積3152.651平米、延床面積9007.428平米、総工費は5億9800万円だったそうだ。

残されていたもの。


春日部都市計画西武第二土地区画整理事業 完成記念



基準点



本点の位置
 東経139°4519170
 北緯35°5821401
 標高6.147m

春日部市基標



タイムカプセル

春日部市制40周年記念

(社)春日部青年会議所

   社会開発委員会

2004年OPENとある。

中央町第1公園にあったものが旧庁舎に移設されたらしい。

2004年に開封されたのだろうか?

情報は見つからず。

慈愛


作者不明

春日部市のプレート



定礎



バス停は上に「中央6丁目」のシールが貼られていた。



交差点名はまだ「市役所」のまま

俎橋児童遊園にいる寿人遊星は未来につながっていた

この彫刻がある通りはよく歩いているのだが、写真を撮ったのは初めてだった。

今までこんな特徴がある彫刻に気が付かなかったのか?

記憶にないのだから、気が付かなかったのだろう。

と書いたが、よくよく調べてみたら、4年前の2020年に写真を撮っていた。

4年も前の事なんか覚えていない。

これに出会ったら、撮らないわけないよね。

紹介する前にタイトルにある「俎橋」。

読める人はいるだろうか?

「まないたばし」と読む。

「俎板橋」と書かれているものもあるが、この橋は「俎橋」が正しい。

「俎板」という書き方は、「俎」を「まないた」と読ませるために生まれた表記ではないかと言われているようだ。

俎の和名は・・・。

この辺にしておこう。

発見日  2024年1月20日

発見場所 東京都千代田区九段北1-1-1 俎橋児童遊園

この彫刻は、一九八六年 ハレー彗星の地球接近を記念し、人びとの幸福を望み、星と縁(ゆかり)の深い”寿老人”を模して製作されたものであり、「彫刻のあるまち・千代田」として、潤いと個性のある歴史と文化を重視した新しいまちづくりを願う久保金司氏より、神田の魅力を記録した絵本「かんだ彷徨」の浄財をもとに本区に寄贈されたものです。

昭和六十一年七月
千代田区

”開・銘板 二〇六一年 ハレー彗星接近の年”

制作者は、山下恒雄氏(東京藝大工芸科名誉教授)

最後の「開・銘板 二〇六一年 ハレー彗星接近の年」はどういう意味かと調べていたところ、像の下には次にハレー彗星がやって来るときに開けるタイムカプセルが埋められているらしく、その中には街の発展を願う当時の千代田区長のメッセージや区の計画書、子供たちの作文や神田の街の写真集などが入っているらしい。

2061年まであと37年、まだまだ先だなあ。

調べているとこの"寿人遊星"は「神田アート七福」というもののひとつであることを知った。

他には下記がいるらしい。

布袋尊 :千代田区神田駿河台3-9 三井住友海上駿河台ビル
弁財天 :千代田区外神田6-16-9 オガタビル
えびす様:千代田区外神田2-16-2 神田明神
毘沙門天千代田区神田駿河台2-5  村田ビルディング
吉祥天 :千代田区神田須田町1-2 淡路町サニービル
大黒天 :千代田区神田佐久間河岸78-3  柴田ビル

撮ったことがあるものもたぶんあると思うが、知らないものもある。

また目標のひとつができた。

港区立桑田記念児童遊園で発見した旧町名「東京市赤坂區檜町」

2024年2月3日探索途中で赤坂アカデミーマップを発見。


中之町?

旧町名じゃん。

幼稚園だけに残ってんのね。

赤坂小学校、中学校横の歩行者専用道路を登っていく。

下に降りていく階段の途中に大きな石碑の裏側が見えた。



これは確認しに行かねばならない。

こりゃ何だ?



家紋?



碑文


昭和一一年(一九三六)に赤坂區が建てた石碑だった。

桑田家の当主権平(ごんぺい)は先代衡平(こうへい)の三三回忌に当たり一九三〇余坪の土地と邸宅すべてを赤坂區に寄付したという内容が記されているそうだ。

碑文の中に旧町名を発見する。

東京市赤坂區檜町」



東京市赤坂區」



階段下は公園だった。

先ほど横を歩いていたのだが、この石碑の存在には気が付かず、素通りしていた。

港区立桑田記念児童遊園

沿革
昭和10年4月 桑田家より寄贈
昭和11年9月 桑田記念館として開館
昭和20年 5月 戦災により消失
昭和25年11月 桑田記念児童遊園として開園
昭和62年 3月 「歴史と文化の散歩道」の一拠点として整備される
平成30年3月 赤坂九丁目北地区第一種市街地再開発事業に伴い桑田記念児童遊園を移転・ 再整備

桑田家はこの地に永く在住していました。先代衡平氏は特に教育事業に尽くされた方です。当主である権平氏も孝心深く、先代の志を受け衡平氏三十三周忌を記念し昭和十年四月十七日、東京市赤坂区檜町の宅地約二千坪と邸宅を本区に寄贈されました。また児童図書館設備その他諸経費として同勝子夫人より多額の寄付も受けました。本区は同邸を改築し桑田記念館とし図書館を併設、永く桑田家の徳行をたたえることに致しました。また明治二十三年に開園した中之町幼稚園は平成二十六年に赤坂九丁目北地区第一種市街地再開発事業に伴い移転し、桑田記念児童遊園をこの地に移し、新たに再整備しました。かつて幼稚園の園庭にあったソメイヨシノは当時の状態を保存しています。

この文章に書かれていたソメイヨシノ

春になって桜が咲いている頃にまた来てみたいと思いつつ、その頃になったら忘れているんだろうな。

桜が咲くころに行きたいと思った場所がいくつもあったはずなのに、覚えているものがない。

どこだったっけ?

ドラマ10「正直不動産2」PR体験会 in NHKアーカイブス(川口)

この日(2024年2月17日)を結構楽しみにしていた。

PR体験会が1月27日千葉放送局で開催されることを知り、行こうと思っていたのだが、さいたま放送局でも開催されることを知り、こちらに参戦することにした。

日時    
2024年2月17日(土) 午前10時~午後5時
     2月18日(日) 午前10時~午後3時

会場    
NHKアーカイブス2階(SKIPシティ内)(埼玉県川口市上青木3-12-63)

展示内容 
・ドラマの世界観を体感!「永瀬財地の風」体験コーナー
・永瀬財地と一緒に!オリジナル写真撮影体験コーナー(ロールバナー)
・オリジナル缶バッジ体験コーナー
・持ってみよう!巨大台本
・必見!「正(しょう)オブジェ」の展示
・ドラマ小道具の展示
・正直不動産2 ポスタービジュアル展示
・番組出演者に届け!メッセージボード
・番組出演者からのメッセージ(映像)
・パネルから飛び出す永瀬財地と記念撮影!
・ミネルヴァ不動産で記念撮影!
・番組セットをVRで体験!
・出演者大集合の巨大ポスター ※PR体験会初登場※
・ロボットと一緒に「正直不動産」を視聴しよう♪ ※PR体験会初登場※

2024年2月17日、11時頃にNHKさいたま放送局のホームページを見るともう体験会の模様が掲載されていた。

混雑しているのかな?

西川口駅を降りて徒歩でSKIPシティへ向かう。

思っていたより時間がかかり着くまでに30分以上もかかってしまった。

まぁ、いつものようにウロチョロしていた結果だが・・・。

NHKアーカイブス入口

用を済ませて(オジサンは近いのだ)NHKアーカイブスの2階へ向かう。

上った所すぐが会場だと思っていたが、一度外に出たところが会場だった。

会場入口

並んでいるかなと思ったが、スムーズ入ることができた。



入口を入ると、シーズン1の山Pの全身ロールバナーがお出迎え。

室内は暖かい。

中に入るととぎゅうぎゅうというほどではないが、結構人がいた。

あまり若い人はいない印象。

自分みたいなオジサンがひとりで来ていると思われるような方も見かけた。

安心。

PR体験会初登場の出演者大集合の巨大ポスター

 ピースで繋ごうシーズン2 〜十人十色の大集合〜



永瀬と神木にスポットが当たるようにしてくれているそうだ。



正オブジェ

これが一番撮りたかったもの

こういうオブジェ系のものには弱い



手形には出演者の写真が付いていた



マダムだけ赤い

あれ?

撮っていなかったのか?

見返すと撮り忘れた人がいた。

ミネルヴァ不動産の大きなパネル



正直メイキング


どこのブランドか気になるところ。

それほど長い時間ではなかったので、録画して撮っておけばよかったかな。

小道具類



登坂不動産を撮りたいのだが、永瀬の風体験をしないとだめのようだ。

右手に永瀬の風を出すアレの一部が見える。

体験するには何か言わないといけないみたいで、オジサンにはそんな勇気はない。

更に巨大パネルに永瀬の風を体験する姿がさらされる。

無理。

「山P大好き~!」と言っていたオバサンに感心。

台本チラ見せ!

第1話 冒頭のあのシーンです!


永瀬「いや、めちゃくちゃ吹いてるでしょうが! 分かんないの? 御仏に使える身の

クセにっ! 超テキトー!」

僧侶「な、なんだと?」

永瀬「これです! こうやって勝手に口がペラペラ動くんです! これが祟り――つ

ーか、あなた、ちゃんと修行してる? お坊さんなのにお肌ツヤツヤだし、絶対うなぎ

とか焼肉とか美味しいモノいっぱい食べてるでしょ! 入口に外車も停まってたし! 

本当は煩悩まみれなんでしょ、このナマグサクソ坊主が!」

 僧侶「このバチあたりめっ! とっとと祈祷せい!」

     永瀬、屈強な男たちに炎の前に押される。

永瀬「熱っ! いや、ムリ! これじゃ絶対祟り消えない!」

メインタイトル

      正直不動産2 第一話 

      『帰ってきた正直不動産』

登坂不動産・表(日替わり)

同・応接室

     ぐったりしている永瀬。

     和菓子を食べている。    

     その様子をスマホで撮影する石田。

石田「もっとうまそうに食え。新作だぞ」

永瀬「すみません、それより護摩行、全然効果なかったです」

石田「どの寺にいった?」

永瀬「割と有名なトコですけど」

石田「それは他人が選んだ基準だ。己の事なら、己自身の目を信じて、決めなきゃだめ

だ」

永瀬「・・・・・己自身の目」

スペシャルの伝統のあのシーン!

大河「じゃあ、俺が歌う! おまえは踊れ!」

永瀬「踊りなんてもっと無理です」

大河「ホントか?」

永瀬「はい、絶対踊れません!」

     荻野目洋子の「ダンシングヒーロー」の前奏が流れる。

     永瀬、めちゃくちゃ上手に踊る。

月下「永瀬先輩、踊りうまっ!」

葉山 「いいねいいねえ!」

     マイクを握っている大河。

大河「(前口上っぽく) お待たせしました。登板不動産の最終兵器、ワタクシ、

大河真澄が心込めて歌わせていただきます」

     その間も永瀬、踊り続け、大河の前口上を誰も開いてない。

前奏が終わり、大河が歌おうとする。

大河「♪愛してー」

   横からマイクを奪い、永瀬が歌う。

永瀬「♪愛してるよなんて―」

大河「おまえが歌うんかい!」

永瀬「♪誘ってもくれない」

大河「歌も踊りも苦手って言ったじゃねえか!」

     歌い踊る永瀬。

月下「永瀬先輩、サイコー!」

葉山「よっしゃー みんなで踊るぞ!」

     楽しい宴は続いていく――

登坂不動産・オフィスエリア(日替わり)

      自席でぐったりしている永瀬。

      二人分のコーヒーを持ってきた月下。

2月18日は2月20日放送の第7話のチラ見せがあったそう。

    円。高いものでは、5億円くらいかと」
おばあちゃん「ご、ごじゅうおぐえん!?」
永瀬 「お気持ち添いたいのは、山々なんですが・・・・・・」
     と、風が吹き、永瀬の本音が炸裂する。
永瀬「タワマンを舐めちゃいけません!」
おばあちゃん「!?」
永瀬「東京のタワマンに住めるのは勝ち組だけです!!東京の地価はものすご〜〜く高いんです。おばあちゃんがタワマンをプレゼントするのは、現実的に無理とお考えになった方が賢明です!!」
月下「永瀬先輩、言い方――」
永瀬「(穏やかに)お孫さんがこの先新居を買われる時に、このお金で資金援助をなさってはいかがですか?」
おばあちゃん「(ションボリと)・・・・・・」
月下「あの・・・・・・タワマンじゃないとダメなんですか?東京でも中古マンションなら2千万円台で買えるものもあります

20日放送のあらすじは、

永瀬(山下智久)は、 祖母に恋人を会わせる約束をした美波(泉里香) から恋人のふりをしてほしいと頼まれ る。一方で永瀬と月下 (福原遥)は、孫娘のためにタワーマンションを購入したい高齢女性の接客をするが、予算的に難しいことを伝える。そして永瀬が美波の祖母と会う当日になるが、祖母は現れない。

となっている。

オリジナル缶バッジ体験コーナーへ

さいころを転がして、出たキャラクターの缶バッジが作れるというコーナー。

はてなが出た場合は好きなキャラクターを選べる。

子ども達が連続して何回もやっていたのでオジサンも少し間を開けてだが、2回やってしまった。
1回目は桐山、2回目は月下のだったのだが、2回目をやろうとした時、永瀬のがセットされていたので、「山Pのでいいです。」といって山Pのシールでお願いした。



メッセージボード


受付の方からもらった中には、

クリアファイル

『正直不動産2』のポストカード2種類

永瀬財地の名刺

ステッカー


18日のステッカーは違う色だったそう。

PR体験会の案内チラシ

が入っていた。

これらをもらえただけでも行った甲斐があるだろう。

PR体験会は今後も開催されるそうなので、「正直不動産2」のファンの方、近くにお住まいのかた、時間に余裕のある方は、訪れてみてはいかがだろうか?

【スケジュール】
2/23(金)・24(土)・25(日): NHK広島放送局
3/2(土)・3(日) :NHK名古屋放送局
3/9(土)・10(日) :NHK福岡放送局

NHK広島放送局は3日間もある。
うらやまし~い。

古利根公園橋で夕日に輝くモニュメントの乙女たち in 埼玉県春日部市

2024年2月12日、日中は暖かかったのだが、夕方になるにつれて風が出て来て寒くなってきた。

古利根公園橋

古利根公園橋は、東武春日部駅から徒歩約5分。古利根川に架かる、全長79mの橋と公園が一体となった全国でも珍しい橋上公園。橋上には多くのブロンズ像やベンチ、県鳥である「シラコバト」をデザインした風見鶏と、春日部市の特産品である「むぎわら帽子」をイメージしたモニュメントが設けられている。
市政30周年記念事業として1984年(昭和59年)に建設された。 

古利根公園橋
モニュメント :「躍進」をテーマとし、光をかもし出す動く造形物(照明灯兼用)。
親柱(本橋) :春日部市の花、藤の花をスクリーンによって表現。
  (側道橋):春日部市の伝統品をスクリーンによって表現。
高欄     :川にちなみ、波のパターンをデザイン化(小照明具付)。
照明灯    :麦藁帽子をデザイン化。
プランターボックス:シンプルなラインをいれたユニットプランター
床舖裝(本橋) :通行を考慮し、直線と円を使った幾何的パターン。
   (側道橋):遊び・憩いを考慮し、円を使った有機的パターン。
ステージ(本橋) :県花サクラソウを取り入れたスクリーン。
    (側道橋):方位盤を配したモザイク貼り。
シェルター    :橋上の憩いの空間(円形ベンチ付)。
パーゴラ(橋上) :本橋と側道橋の機能を分離する緑のアーチ。
滝        :春日部市ゆかかりのテト馬車。 

古利根公園橋ライトアップ案内


高さ14.5mのモニュメントは半円形状のアーチを組み合わせた4つの支点をもつ構造で、そのアーチの下部4か所にLED投光器を設置したLEDデジタルライティングシステム「ルミライナーD」を採用。LEDスポットライトのカラーバーストパワーコア4台とLEDフラッドライトのカラーブラストパワーコア1台を1組として合計4組20台を配置し、「むぎわら帽子」のモニュメントの多彩なカラー演出を可能にしている。

ジーンズ・夏」佐藤 忠良


作者コメント
若い娘達がジーンズ姿で歩くのを見るたびに硬い木綿と肉体とが織りなす皺の起伏が呼吸しているようにみえ、彫刻にしてみようと土を手にしたのが1970年の「ジーパン」という1メートルちょっとの作品であった。この小さな彫刻が展覧会で多少の評価があったようで、当時似たような作品が他の展覧会にもチラホラしたことがある。
以来、私はジーンズの女性を20体ほど彫刻にしてきている。
この他に私には帽子を被った作品もいくつかあるけれど、作品にこうした小道具めいたものをあしらうと、ときに風俗彫刻に陥ることがあるので、その辺のストレスの闘いが、そのたびごとに私の大きな課題になった。
この「ジーンズ・夏」は、そうした課題の中で制作したひとつで、1984年の制作である。

「フォーム」千野 茂


作者コメント
腰かけた女性が、足先に手を伸ばすかたちから生まれる有機的フォルムの中に、生命の鼓動を表現した。

「春陽」斎藤 馨



「思い出」山本 正道


作者コメント
誰もが持っている遠い記憶の中の風景を、物静かなフォルムの中に刻みつけました。

茉莉花(まつりか)」 舟越 保武


作者コメント
身体のねじれ方によって表れる旋律の美というものが、これをつくった頃、10年間の制作課題であった。ちょうど釧路市の幣舞橋に「道東の四季-春」を作ったすぐ後であった。身体の「向き」の変化についての課題が私の中に残っていたのである。身体の「ひねり」とか「向き」というのは、身体の各部分の方向の向きがこのねじれによって少しずつ角度が変わっていく。正面の向きが変化するのである。
この像では、両足の向いている正面が少しずつ右へ向きを変えている。胸の向きではかなり右へ廻っている。俗にいえば「ねじれん棒」のねじれである。このように微妙なリズムが彫像の中に潜むこととなり、投射される光線の明暗も微妙な効果をもつはずである。

「夏」桑原 巨守

作者コメント
輝く太陽、爽やかな涼風、咲き乱れる野の花高原にすくっと立つ少女。
私の抱く夏のイメージを彫刻にしてみました。

滝と噴水(テト馬車) 雨宮 一正



時計塔

ちょうど5時。

上についている風車はフル回転だった。

方言漢字「閭」 in 埼玉県鴻巣市

鴻巣市大字滝馬室の小字「上閭」「中閭」「下閭」の「閭(さと)」は方言漢字のひとつだ。

2024年1月30日、その方言漢字が使われているものを探してきた。

上閭一号公園 (滝馬室字上閭1266-4)
この公園がなかなか見つからなかった。

仕方ないので、スマホの地図アプリを使用した。

示された場所にたどり着いたはず。

しかし、この文明の利器をしたにもかかわらず、見つからない。

あそこか!



こんなところにあった。


鉄棒と砂場があるだけの小さな公園だった。

プレートもかなり年季が入っていて読みにくかった。



中閭遊園地 (滝馬室字中閭977−14)


下閭バス停 (滝馬室字下閭831先)

『正直不動産展~さいちんと待ち合わせ~』 宅地建物取引士証の住所編

このブログだ。

展示されたものをただ紹介するわけがない。

たぶん誰も、このような視点で紹介したことがないと思う。

知らんけど、だ。

訪問日 2024年2月3、6日

ケースの中にスペシャル&2の台本、名刺、宅地建物取引士証が展示されていた。

この回ではこの宅地建物取引主任者証、宅地建物取引士証に記載されている架空町名を中心に見ていく。

えっ?

興味がない?

普通の方の反応だ。

全然気にしていない。

先に進むよ。

永瀬財地のだけ「宅地建物取引主任者証」になっていて、他の人は「宅地建物取引士証」になっていると気が付いた方は不動産関係の方かな?

そう、宅地建物取引業法の一部改正に伴い、平成27年4月1日から「宅地建物取引主任者」が「宅地建物取引士」へと名称変更され、「宅地建物取引主任者証」も「宅地建物取引士証」に変更されているのだ。

なぜか永瀬財地のだけ交付年月が平成21年3月22日と古いものが展示されていて、これが改正前のものだから、宅地建物取引主任者証になっているのだ。

桐山 貴久

生年月日 昭和62年11月16日(市原隼人 昭和62年2月6日)

住所 東京都世田谷区西若林4-3-9

登録番号 (東京)第24934039号

登録年月日 平成24年10月15日

平成34年10月29日まで有効
 平成34年は2022年(令和4年)

東京都知事 木村一平

交付年月日 平成29年10月30日

発行番号 第20015730401号

世田谷市西若林
 世田谷区に若林と付く現存している町名は「若林」だけ。

永瀬 財地

14年前に登坂不動産に入社するキッカケとなった回想シーンで用いられていたものらしい。

生年月日 昭和61年9月27日(山下智久 昭和60年4月9日)

住所 東京都新宿区北新宿5-31-7 ひぐらし荘203

登録番号 (東京)第22975011号

登録年月日 平成21年3月2日

平成26年3月21日まで有効

東京都知事  田岡 龍之介

交付年月日 平成21年3月22日

発行番号 第18779520749号

新宿区北新宿
現存している町名だが、4丁目までしかない。


月下 咲良

1月3日に放送されたスペシャルで月下ちゃんが悪徳不動産屋に見せたもの。

生年月日 平成9年7月21日(福原遥 平成10年8月28日)

住所 東京都中野区新井7-18-9

登録番号 (東京)第29175591号

登録年月日 令和2年9月12日

令和7年10月3日まで有効

東京都知事 木村一平

交付年月日 令和2年10月4日

発行番号 第20126602198号

中野区新井7
 新井は現存している町名だが、5丁目まで。 

神木 涼真


生年月日 昭和59年8月20日ディーン・フジオカ 昭和60年8月19日)

住所 東京都港区東青山2-11-4

登録番号 (東京)第1467346号

登録年月日 平成19年5月18日

令和7年5月10日まで有効

東京都知事 木村一平

交付年月日 令和2年4月4日

発行番号 第19819329641号

港区東青山
 港区で青山が付く町名は、北青山と南青山がある。

花澤 涼子

生年月日 昭和63年8月4日(倉科カナ 昭和62年12月23日)

住所 東京都練馬区石神井2-10-1

登録番号 (東京)第1993452号

登録年月日 平成27年5月10日

令和8年5月3日まで有効

東京都知事 木村一平

交付年月日 令和3年4月5日

発行番号 第20015731662号

練馬区石神井
 練馬区石神井が付く町名は、上石神井上石神井南町、下石神井石神井台、石神井町と5つもある。

現存している町名が使われているとは思わなかった。

架空の町名も現存の町名の一部を使用していたりと全く架空のものはないことがわかった。

住所以外のものすべてが気になるのだが、今のところどう攻めていいのかわからないので、宅地建物取引士証については住所のみになるかもしれない。

リアル「株式会社正直不動産」が東京都豊島区南池袋に、「正直不動産株式会社」が千葉県船橋市宮本にあった。

東京都豊島区南池袋にある「株式会社正直不動産」の社名は、このドラマの原作、小学館出版の漫画『正直不動産』が由来だそうだ。漫画で出てくる会社名がリアルな会社名になるなんて、びっくりぽんだ。

さらに調べていると他にもあるようだが、本題からはずれるし、面倒くさいので、調査打ち切り。

興味がある方は自分で調べてくれたまえ。