歩・探・見・感

歩・探・見・感

ノスタルジック、レトロ、ディープそしてマイナーな世界へようこそ

小字町名 浦和市大字三室字大古里

今回はさいたま市緑区に現存している小字町名を紹介しよう。

現存していると言っても、今のところ発見したのは、これだけであるので、結構貴重なものだ。

 

発見日  2021年2月17日

発見場所 埼玉県さいたま市緑区三室

「大古里」?

これを読める方はあまりいないだろう。

さいたま市の難読地名の一つだ。

普通に読むと「おおふるさと」「だいふるさと」「おおこり」「だいこり」「おおこさと」「だいこさと」となってしまうだろう。

 

正解は「おぶさと」である。

「さと」は普通であるが「大古」を「おぶ」と読めない。

青森県にある三戸郡階上町大字道仏字下大古里の「大古里」は「おおふるさと」と読むらしい。

 

歴史

1874年(明治7年)12月28日
三室村が宮本新田、三室新田と合併し、新たな三室村が成立。

1879年(明治12年)3月17日
郡区町村編制法により成立した北足立郡に属す。

1889年(明治22年)4月1日
町村制施行に伴い、三室村と道祖土村が合併し、三室村が成立。三室村の大字三室となる。

1940年(昭和15年)4月17日
三室村・尾間木村が浦和市編入合併され、浦和市の大字となる。

2001年(平成13年)5月1日
浦和市・大宮市・与野市が合併し、さいたま市が発足。同市の大字となる。